治験とは

治験ってなに?

ひとつの薬が誕生するまでには10~18年もの長い研究開発期間があり、効き目の確認や安全性の評価など、様々なテストが繰り返されます。
そして、その治験に被験者として参加する方を 「治験ボランティア」と言い、効き目と安全性が確認され、厚生労働省の承認を得たうえで発売されています。
治験は、私たちにできる未来への貢献です。
私たちが使っている薬は、多くの一般の方々がボランティアとして参加した『治験』を経て誕生しています。

新薬ができるまで

STEP.1

様々な実験を通じて、数多くの化合物の中から、新しい薬の可能性があるとされるものを選別し、効果と安全性を調べるため、動物を用いた試験を行います。

STEP.2

動物を用いた試験で、効果と安全性が確認されたものだけが、新しい薬の候補となり、人による臨床試験に入ります。これが「治験」です。

STEP.3

治験を繰り返し、効果と安全性が確認されたものだけが厚生労働省に承認され、新薬の誕生となります。

治験のメリット

「通院のためのの交通費」と「負担軽減費」がもらえる!

治験中の薬や検査、健康診断の費用は不要!

詳しい検査が受けられるので、自分の体の状態をチェックできる!